住宅リフォーム推進協議会

消費者向け情報

トップページ消費者向け情報リフォームで何ができる?

リフォームで何ができる?

出典:令和3年度版 住宅リフォームガイドブック

4
自宅でも仕事ができる環境を手に入れる
自宅でテレワークするので、専用スペースがあれば…。
既存の部屋や空間を活かしてワークスペースをつくりましょう!
自宅で執務するだけでなく、PC等を使った打ち合わせや会議が一般化してくると、専用のスペースがほしくなります。個室型なら遮音性も高く仕事に集中しやすく、オープンタイプなら場所を取らず多目的に使えます。
空間を上手に活用してスペースをつくりましょう。
こうして解決!

室内各所の空きスペースを上手に活用しましょう

テレワークのためのプランを見てみると、大きく「個室タイプ(専用部屋)」「半個室タイプ(部屋の一部を転用)」「オープンタイプ」に分類できます。専用の個室をつくることが難しい場合も、部屋の一角を活用するなど、多彩なアイデアで仕事用スペースに生かせます。

■新規にテレワークスペースをつくる方法例

■テレワークスペースに必要な性能・配慮例

ワークスペースのための専用空間がつくれれば、自宅でも仕事の効率が高まります。

LDKに面する階段下の空間を利用した例。壁の一部をガラスにした明るく開放感のあるワークスペースです。

専用スペースの確保が難しい場合、収納空間を利用し、居室と繋げることでワークスペースをしつらえることもできます。


ページトップへ