住宅リフォーム推進協議会

消費者向け情報

トップページ消費者向け情報 > リフォームする時に気をつけることは?
リフォームする時に気をつけることは?

リフォームする時に気をつけることは?

リフォームを進めていく上で基本となる6つの手順とその手順ごとのポイントや必要な知識についてご紹介します。

どんなリフォームをしたいか明らかにしましょう

  1. やりたいことをしっかり決める
  2. 他にもリフォーム該当箇所がないか総点検する
  3. 住まいの図面等を準備する
  4. 優先順位を整理しておく
  5. 早めに専門家(建築士・インテリアプランナー・インテリアコーディネーター・増改築相談員等)に相談することも

予めどれくらいの費用が必要か検討しましょう

  1. 全体の予算の総枠を考える
  2. 支援制度等も有効に活用
  3. ゆとりを持った資金計画にしておく

リフォーム事業者を決めましょう

  1. 見積り時には住まいを診てもらいましょう(インスペクション)
  2. 見積依頼の準備を行い、複数の事業者に依頼しましょう
  3. リフォーム瑕疵保険の利用を検討する
  4. 各種支援制度利用を確認する
  5. 工事内容の詳細を決める(資金計画/家具、家電の配置/ショールームで実物を確認 等)

契約する内容をしっかり確認しましょう

  1. 必ず契約書を書面で取り交わす
  2. 契約添付書類(約款・図面・仕様書等)も重要

工事が契約通りに進んでいるか確認しましょう

  1. 工事の際のチェックポイントの確認
  2. 現場で現場責任者と定期的に打ち合わせ
  3. 追加や変更がある場合は書面に残す

工事前のチェックポイント

◎減税・補助制度を利用する場合、必要な手続きを行う

※減税制度を利用する場合は工事証明書等が必要です。工事証明書の発行者についてはこちらをご覧ください。

◎瑕疵保険に加入する場合、工事契約前に登録事業者に依頼する
◎契約書は書面で取り交わす

工事内容を途中で変更する場合や追加工事を依頼する場合

◎その内容と金額を工事の変更・追加前に確認し、契約書を取り交す

工事と書類の確認をしてリフォームの完了です

  1. 事業者とリフォーム現場の最終確認(竣工検査)を行う
  2. 引き渡しの手続きを行う
  3. 完成後のアフターメンテナンスの確認
  4. 書類(契約書・図面・保証書)を確認して保管する


ページトップへ